>  > 逝きたい気持ちをなんとか押えて

逝きたい気持ちをなんとか押えて

駅で待ち合わせをしました。私は予定の時間より少しはやく到着したのでちょっと待つかなと思ったんですけど、すぐに人妻デリヘル嬢から非通知で着信があり、私の車に乗ってもらいまいた。とても可愛らしい女の子で心の中でガッツポーズをしましたよ。いきなり、飛びっこの電源をわたしてくれたので、スイッチオンです。すると、いやらしいよがり声を出しながら体をくねくねしはじめました。これってこの人妻専門店の名物なんですけど、けっこうそそるものがあるんですよ。ほとんど演技みたいなものですけど、本気でおまんこに装着してる女の子もいますから侮れませんけどね。それでもホテルに着く前に、私ののちんぽはすでに元気満々フル回転状態になりましたよ。ホテルに着いて、部屋のドアを締め、すぐにそのお店の売りでもある即フェラをしてもらいました。これがまた好きな人にはたまらない快感で私はそこに倒れそうになりました。やっぱり血が一点に集まるからめまいがするのかな。そこで逝きたい気持ちをなんとか押えて、二人とも服を脱ぎ、シャワーの後、ベッドで隅々まで舐めてもらいました。

[ 2015-06-15 ]

カテゴリ: デリヘル体験談